三菱重工・千代田化工、洋上施設が海事協会承認取得

14/10/29

三菱重工業と千代田化工建設は10月24日、日本海事協会の支援を受け、原油随伴ガスから水素および炭酸ガスを製造・出荷する洋上浮体施設(H2/CO2―FPSO)に関する共同開発を完了し、同協会から設計基本承認(AIP)を取得したと発表した。水素エネルギーの製造が可能なFPSOが実現すれば世界初。海洋資源開発およびクリーンエネルギーの利用拡大に貢献。
【第15388号】

TOP画面へ

お勧めの書籍