富士酸素工業、富士市にLPガス非常用発電機を寄贈

14/09/18

富士酸素工業(富士市、望月常樹社長)は、富士市にLPガス非常用発電機一式(675万円相当)を寄贈した。発電機は今後、緊急避難先として指定されている富士市立高校に配備される。設置工事が完了すれば、大規模災害時などで停電した時でも調理や入浴などができる、全国でも例のない避難施設が誕生することになる。
【第15361号】

TOP画面へ

お勧めの書籍