京都高圧ガス溶材組合、通常総会開く

14/06/09

京都高圧ガス溶材組合(岡田隆義理事長)は5月29日、京都市上京区のルビノ京都堀川で第33回通常総会を開催。岡田理事長は、「国内の原子力発電所が停止し、火力発電に切り替わったことで電力会社の経営を圧迫し、我々も厳しい経営環境を強いられている状態。来年にはシェールガスの輸入が解禁され、電力の値下げが期待されている。変化をプラス思考で捉えたい」と述べた。
【第15293号】

TOP画面へ

お勧めの書籍