安川電機、低スパッタ溶接ロボットを開発/従来比97%スパッタ低減

14/02/03

安川電機は、スパッタを極限まで低減できる溶接パッケージ「MOTOPACーWL200+」を発売した。同パッケージはアーク溶接用ロボット「MOTOMANーMA1440」と新開発の「サーボフィーダ」、溶接工法「EAGL工法」で構成。溶接電流250Aで炭酸ガス溶接した場合、従来比97%のスパッタ低減が図れる。
【第15208号】

TOP画面へ

お勧めの書籍