14年展望・切断機/ファーバーレーザや水素切断普及に期待高まる

14/01/07

東京五輪や老朽インフラの補修・更新、リニア中央新幹線、東日本大震災復興など切断技術の需要先である建設や造船では成長が期待でき、特に建設業界では人手不足・資材不足が問題になっていることから、ファイバーレーザ切断や水素ガス切断など高効率切断を可能にする最新機器への関心が一層増すと思われる。
【第15190号】

TOP画面へ

お勧めの書籍