産業特信

一覧ページ

2019/02/04

2020国際ウエルディングショー、企画説明会開く

日本溶接協会と産報出版が2020年4月8―11日の4日間、大阪市住之江区のインテックス大阪で開催する「2020国際ウエルディングショー」の企画説明会が1月31日に東京・千代田区の御茶ノ水ソラシティカンファレンスセンター、2月1日には大阪市中央区のホテル日航大阪で開かれ、東西合計で約140人が出席した。今回は「溶接・接合、切断のチカラ―匠の技とデジタル技術の融合」をテーマに掲げ、展示会場と講演会がリ...

詳細はこちら

2019/02/01

東芝プラントシステム、自動化施工技術を確立

東芝プラントシステムは1月28日、現地組立てを行う大型溶接構造物の据付施工について、開先検査から溶接、溶接部磨き、非破壊検査までの一連の作業を自動化する技術を新たに確立したと発表した。これまで培ってきた現場工法と、今回確立した自動化技術を組み合わせることで、大型溶接構造物の製作・施工に関する技術基盤をより強固にするとともに、これらの技術により原子力発電所に設置される鋼製タンク、ステンレス製貯水槽な...

詳細はこちら

2019/01/31

青色半導体レーザ装置で世界最高出力

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)と島津製作所、大阪大学は1月29日、青色半導体レーザ装置の世界最高出力1キロワットを実現したと発表した。2018年に達成した出力の10倍となる高出力化によって、従来の青色半導体レーザ技術では難しいとされている数ミリ厚の銅や金のレーザ切断加工の実現に向けて前進した。同技術は、航空・宇宙・電気自動車などの産業で部品加工への活用が期待される。 【第16404...

詳細はこちら

2019/01/30

18年溶接材料、出荷は2%減

日本溶接材料工業会がまとめた2018年(暦年ベース)の溶接材料生産・出荷実績によると、生産量は前年比2・0%減の24万6600t、出荷量は同2・1%減の24万7391tで推移し、それぞれ2年ぶりに減少した。建築鉄骨をはじめ建設機械、自動車向けは堅調に推移した半面、造船向けの需要低迷が響いた。 【第16403号】 ...

詳細はこちら

お勧めの書籍