お知らせ

「チタン溶接トラブル事例講習会」参加者募集中!

 ●チタンの溶接におけるトラブル事例とその対策を解説

 近年、我が国の産業界では、ますます厳しさを増す国際競争を勝ち抜いていくための対応力強化の必要に迫られ、様々な変革が進められております。加えて、産業構造の変化から製造業、特に素材、組み立て加工分野での円滑な技術伝承と新たなニーズに対応できる人材の育成の成否が、今後の飛躍への鍵を握っているとも言われています。
国際競争力の視点からは、高付加価値の商品へのシフトが、有力な選択肢の一つですが、その製造技術においては溶接が容易でない材料の施工管理が必要不可欠となりそれがまた海外製品との差別化のカギにもなります。
 チタンは、構造用材料として最も多く用いられています鉄鋼材料とは異なる視点での溶接施工管理が必須となることから正しい施工方法の理解不足により思わぬトラブルを引き起こすことになります。トラブルを未然に防ぐための信頼性の高い技術を習得するには、先人の成功体験よりもむしろ失敗事例から得られる教訓を活用して、“転ばぬ先の杖”とすることが有効とも言われています。
 このたび一般社団法人 日本チタン協会 (技術委員会溶接分科会)では多岐にわたる溶接トラブル事例を収集して、大学と企業の専門家からなる同分科会のワーキンググループメンバーにより議論を重ねて原因を解析しその成果に立脚した対策を明確にし、事例を体系的にまとめた『チタン溶接トラブル事例集』発刊いたしました。今回は発刊を記念し執筆者を講師陣とした事例集の内容にもとづく講習会を企画いたしました。参加者には全員、産報出版刊『チタン溶接トラブル事例集』を進呈いたします。
 この機会に、是非ご参加いただきチタンの溶接技術に関する国際競争力強化と人材育成の一助に、ご活用いただきますようご案内申し上げます。

【開催日】 2019年6月7日(金)10:00-16:55
【場 所】 エッサム神田ホール1号館大会議室301
      (東京都千代田区神田鍛冶町3-2-2、TEL03-3254-8787)
【定 員】 80名(定員になり次第締切)
【受講料】 日本チタン協会会員 16,200円(テキスト代、消費税を含む)
       協賛団体会員   21,600円(テキスト代、消費税を含む)
       一   般    27,000円(テキスト代、消費税を含む)
       申込締切日:2019年5月30日(木)
         ※締切日以降は産報出版?までお問い合わせください
● テキストとは別にこのたび発刊の「チタン溶接トラブル事例集」を1冊進呈

プログラム詳細、お申込みはこちらから


【問合先】 産報出版株式会社 チタン溶接トラブル事例講習会 係
          〒101-0025 東京都千代田区神田佐久間町1-11
                TEL.03-3258-6411 FAX.03-3258-6430


お勧めの書籍