ゼネコン21社の配筋検査システム、チェック機能を現場で試行

21/01/20

ゼネコン21社は施工現場の生産性を向上させるため、AIおよび画像解析を応用した「配筋検査システム」の共同研究開発を2019年から進めているがこのほど、タブレット端末を用いた「配筋チェック機能」の現場試行を実施した結果、多様な施工環境において迅速かつ正確な配筋チェック作業に一定の目途が立ったことを発表した。現場試行では各社の配筋画像のAI分析に基づき、システム改良の目標を共有することで、効率的な開発を実現できることを確認。引き続き現場試行を繰り返し実施することで、より汎用性の高い機能開発を目指す方針だ。

TOP画面へ

お勧めの書籍