日本溶接協会AN委員会、D-RT普及に向け活動

20/12/20

日本溶接協会非破壊検査技術実用化研究員会(AN委員会)は11月27日、東京・千代田区の溶接会館で2020年度第2回本委員会をリモート会議システムを併用して行った。20年度事業報告を行い、11月16・17日にデジタルラジオグラフィ(D-RT)講習会を実施し22人が参加したと報告した。当初来年1-3月に予定をしていた見学会は新型コロナウイルス感染拡大を考慮し、中止または延期して実施する方針を確認した。21年度事業計画案を討議し、「デジタルRT技術実用化のための検討」「JIS Z 3110溶接継手のデジタルラジオグラフィの推進」「講習会などによるD-RT及びF-RT技術の普及」「デジタルRTに関する試験研究成果の国際会議及び国内シンポジウムなどでの発表、情報交換」などを21年度事業として実施する。
【第1434号】

TOP画面へ

お勧めの書籍