JISで新規格、加工穴内径面を3方式で

20/12/05

経済産業省は11月20日、加工穴内径面のきずを非破壊で自動検査する装置の性能を評価するJIS規格の制定を行ったと発表した。今回制定された規格は加工穴内径面自動検査装置(検査装置)の関わる規格でレーザ、カメラ、渦電流と装置の方式ごとに3つの規格が制定された。3つの規格に共通して制定された事項として検査装置として機能する最小ユニットの構成例を示し、各構成機器の仕様を提示した。
【第1433号】

TOP画面へ

お勧めの書籍