JANDT配筋探査資格試験、装置持込みを開始へ

20/11/05

日本非破壊検査工業会(JANDT)資格試験センターは11月4日、配筋探査技術者資格試験(土木、建築)の実技試験で、受験者による装置の持込み使用を開始することを明らかにした。持込み受験実施については、試験の公平性を担保するため一定の条件(登録申請要領)を満たす装置に限定。このため、事前に装置を審査し、持込み条件を満足する機種を「持込み機種」として登録公表する。申請受付締切日は11月20日、審査結果は来年1月中旬を予定している。

TOP画面へ

お勧めの書籍