石油精製プラントでドローン実証試験

20/02/20

1月末、千葉県内にある出光興産の保有する高さ20メートル、直径35メートル、容量2万キロリットルの鋼製ドーム型ルーフタンク内でドローンを飛行させ安全性や目視などの法定検査を代替する可能性をみる実証実験が行われた。現場には出光興産千葉事業所や経済産業省高圧ガス保安室、タンク内でドローン飛行を行うブルーイノベーションの関係者が参集。【第1417号】

TOP画面へ

お勧めの書籍