発電技検、NDEシンポジウム開く

19/12/05

発電設備技術検査協会は12月2日、都内で「NDEシンポジウム2019―構造健全性と非破壊評価(非破壊試験・計測へのICT/AIの活用)」を開催した。基調講演では、愛媛大学の中畑和之氏が超音波計測のシミュレーションを活用し、データ同化やAIを駆使して実測が難しい未知量推定を試みた最新の研究成果を解説。【第1414号】

TOP画面へ

お勧めの書籍