東芝、スポット溶接検査ロボットを開発

19/10/05

東芝は抵抗スポット溶接部を破壊せずに検査し、かつロボットにより自動化する技術を確立し、9月4日に動画を用いて発表した。同技術は国内製造台数が約967万台(2018年度)に上る自動車産業向けに開発。同社では2020年の実用化を目指して実証実験を展開。【第1410号】

TOP画面へ

お勧めの書籍