運輸安全委、新幹線台車探傷箇所の追加を検討

18/07/20

運輸安全委員会は6月28日、昨年12月東海道新幹線で発生した「のぞみ34号」(JR西日本所属車両)の鉄道重大インシデントについて、台車の亀裂に関するこれまでの調査に基づいた経過報告を公表。検査については、台車の定期検査に関し、探傷検査箇所の追加を検討することを明記した。
【第1382号】

TOP画面へ

お勧めの書籍