〈特別寄稿〉インフラ調査士の現状と今後の展望

17/10/20

日本非破壊検査工業会(JANDT)の運営する「インフラ調査士」資格は、橋梁やトンネルなど、道路施設の点検担当業務に対応したもので、2016年に公的資格として国土交通省に登録認可された。本稿では、同資格保有者の推移などの現状を紹介したうえで、同資格の役割や今後の展望を示す。(執筆者=JANDT/塙晴行)
【第1364号】

TOP画面へ

お勧めの書籍