NDEシンポ2016を開催 =発電設備技術検査協会

16/12/05

発電設備技術検査協会は11月18日、東京・文京区の東京大学山上会館で、「NDEシンポジウム2016―構造健全性と非破壊評価」を開催。シミュレーションを用いた溶接部解析や、検査員のトレーニングを目的とした仮想システムなど、発電設備の溶接部検査に関連する最新トピックを各講演者が解説した。
【第1343号】

TOP画面へ

お勧めの書籍