UT技術者・スキルアップ編

16/07/20

UTは、構造物内部や裏側のきず検出などを行ううえで最も有効な手法の一つであり、同技術のスキルアップには、超音波の伝搬イメージを適格に把握することが求められる。技術者が、初級から中級へ、さらに上級へのステップアップを図るうえで重要となる、超音波可視化技術などについて詳しく解説する。(執筆者=古川敬・発電設備技術検査協会溶接・非破壊検査技術センター所長)
【第1334号】

TOP画面へ

お勧めの書籍