最新デジタルRT機器の適用事例と今後の展開

16/07/20

近年、X線フィルムによる検査に比べて、短時間、かつ簡便に行えるDR(Digital Radiography)を用いた工業用NDTが広がりつつある。X線フィルムに代わる二次元検出器として、利用が増えているFPD(Flat Panel Detector)などについて、特徴や利用例を紹介する。(執筆者=杵渕隆男・リガクX線機器事業部)
【第1334号】

TOP画面へ

お勧めの書籍