CIW認定、審査を厳格化=日溶協

16/03/05

日本溶接協会(日溶協)は2月29日、国道24号勧進橋補修・補強工事における溶接不良について、国土交通省、経済産業省から昨年12月に出された要請への対応方針を発表した。協会規格WES8701を改正し、同協会の運営するCIW検査事業者認定制度の審査厳格化などを図ることで、再発防止の徹底に努める。
【第1325号】

TOP画面へ

お勧めの書籍