落橋防止装置溶接不良、有識者委が中間報告

16/01/20

京都府内の国道24号勧進橋で発覚した落橋防止装置の溶接不良に端を発し、当該施工会社以外の製品でも不良品が見つかったことを受け、再発防止策を検討する国土交通省の有識者委員会は12月22日、中間報告をまとめた。同報告では、再発防止に向けて多重チェック態勢をとる考えを明らかにし、第三者検査の必要性を提言した。
【第1322号】

TOP画面へ

お勧めの書籍