《新春特集》ドローン「空飛ぶ人工知能」

16/01/05

近年、新たな検査手法として注目を集めるドローン。溶接部の点検をはじめとするインフラのメンテナンスから測量、物流まで様々な場面での導入に期待がかかる。いち早く自律制御飛行の研究に携わり、純国産のドローン開発を続けてきた千葉大学の野波健蔵特別教授に、同機を取り巻く現状、今後の展望をきいた。
【第1321号】

TOP画面へ

お勧めの書籍