年頭所感2016=学・協会、有力企業各社

16/01/05

現在、1960年代以降に建設された発電設備やプラントなどの社会資本高経年化の進展に伴い、メンテナンスを含めた検査の必要性はますます高まっていく方向性にある。また、新技術開発を通じたソリューションによる市場創出も見込まれる。かつてないほどの社会的注目を集める業界の各学・協会、有力企業各社が、新年度に向けて抱負を示した。
【第1321号】

TOP画面へ

お勧めの書籍