日溶協、JIS原案作成委でDR用語・定義など議論

15/10/05

日本溶接協会(日溶協)は9月17日、東京都千代田区の溶接会館会議室で、「溶接継手の放射線透過試験方法―デジタル検出器によるX線及びガンマ線撮影技術」に関するJIS原案作成に向けた第3回委員会(大岡紀一委員長)を開催した。今後、11月下旬に予定する第4回委員会を経て、来年1月中にも原案を提出する。
【第1315号】

TOP画面へ

お勧めの書籍