第2回インフラ調査士実務試験結果を公表=JANDT

15/09/20

日本非破壊検査工業会(JANDT)は、7月30・31日に実施した「第2回インフラ調査士実務(2次)試験」の合格率などを公表した。延べ759人の受験者中、324人が合格。鋼橋、コンクリート橋、トンネル、付帯施設の4資格平均合格率は43%だった。これにより、初回と合わせた合格者総数は、759人となった。
【第1314号】

TOP画面へ

お勧めの書籍