NDT適用現場を訪ねて・JR東日本新幹線総合車両C

15/07/20

1964年の開業以来、優れた安全性を維持し続ける日本の新幹線。JR東日本(東日本旅客鉄道)の新幹線総合車両センターでは、同社の運行する全車系に対し、「始業検査」から「全般検査」まで、あらゆるメンテナンス業務を実施している。本紙では、UT・MTを適用する車軸の整備現場を中心に、同センターのメンテナンスシステムの一端を紹介する。
【第1310号】

TOP画面へ

お勧めの書籍