東京国立博物館、文化財用の大型CTシステム導入

15/02/20

東京国立博物館(東京・台東区)は2月16日、昨年3月から導入し試験運転を実施していた文化財用の独・エクスロン・インターナショナル社製大型CTシステムを正式稼働すると発表した。垂直型X線CTスキャナー、水平型X線CTスキャナー、微小部観察用X線CTスキャナーの3台で構成。ミイラなど立てることのできない対象も撮影できる。
【第1300号】

TOP画面へ

お勧めの書籍