定期研究会で計測技術を解説=レーザ協会

15/02/20

レーザ協会は1月23日、東京・文京区の中央大学後楽園キャンパスで「レーザ加工光学系の今」と題した第177回研究会を開催し、自動車メーカーなどの会員らが参集した。プログラムでは、インプロセスでのレーザ溶接溶込み深さ計測技術(IDM)についてプレシテック・ジャパンの門屋輝慶氏が解説。同技術の詳細を説明した。
【第1300号】

TOP画面へ

お勧めの書籍