フェイズドアレイ高度化実現=山陽特殊製鋼

14/10/20

山陽特殊製鋼(姫路市、武田安夫社長)は、国内特殊鋼専業メーカーの中で最多の7台を保有するフェイズドアレイ超音波探傷設備について、探傷条件の高度化を実現した。この探傷条件により、棒鋼の検査において従来のプローブ回転式超音波探傷装置に比べ、3分の2サイズの欠陥まで安定的に検出できるようになった。
【第1292号】

TOP画面へ

お勧めの書籍