非破壊検査の役割と今後の動向

14/10/05

定期的な点検による予防保全など、対人医療と同様の特性を持つ非破壊検査。近年は構造物の維持管理の重要性が認識され、日常的なモニタリングにも注目が集まる。構造物の長期間供用に欠かせない同検査の超音波探傷技術について、最前線の研究や最新の動向、今後の展開などを解説する。(執筆=東京工業大学・廣瀬壮一氏)
【第1291号】

TOP画面へ

お勧めの書籍