JSNDI春季講演大会、最新研究など59件発表

14/06/20

日本非破壊検査協会(廣瀬壮一会長)は6月3・4日の両日、「2014年度春季講演大会」をアルカディア市ヶ谷で開催した。大会では、大学や企業の研究者らがフェーズドアレイ、超音波計測から社会インフラや鉄筋コンクリートの非破壊試験方法などについて、最新の研究成果を披露。特別講演、オーガナイズドセッションを含む59件の講演発表が行われた。
【第1284号】

TOP画面へ

お勧めの書籍