ジャパンプローブがフレキシブルアレイプローブ「曲探」開発

14/05/20

ジャパンプローブ(小倉幸夫社長)は、様々な被検体に自在にフィットする広帯域・高感度超音波フレキシブルアレイプローブ「曲探」を開発、販売を開始した。平面、曲面、凹凸など様々な形状の被検体への検査が可能。適用範囲が一段と拡がるなど、ユーザーのニーズに応えた画期的な製品の登場といえる。
【第1282号】

TOP画面へ

お勧めの書籍