道路維持修繕の告示制定、健全性4段階に区分=国交省

14/04/20

国土交通省は3月31日、道路の維持修繕に関する省令・告示を制定した。橋梁・トンネルなどについて、国が定める統一的な基準により、5年に1回の頻度で近接目視を基本とする点検を行う。点検・診断の結果などに関しては記録・保存し、健全性の診断結果を4段階に分類する。省令・告示の施行は7月1日から。
【第1280号】

TOP画面へ

お勧めの書籍