特別寄稿「被災地を訪ねて」〜日本非破壊検査工業会東日本支部長 渡辺正宏

11/07/05

 私はこれまでにこんな光景を目にしたことがない。それが率直な感想である。東日本大震災から三カ月が経とうとする6月4日から6日にかけて被災地を訪ねた。主なルートは宮城県女川町、石巻市、仙台市、気仙沼市、岩手県大船渡市、福島県相馬市、そして仙台空港である。どこも地震というより、津波による被害が大きく、とにかくガレキが多いことに驚かされた。
 【1213号】

TOP画面へ

お勧めの書籍