ルポ東日本大震災、津波が奪った溶接訓練場、増加する耐震診断業務

11/04/20

 東日本大震災から3週間が経った4月1日午前5時。東京から高速バスで仙台駅前に到着した本紙取材班は、早速タクシーに乗り換え、仙台港を目指した。仙台中心部を走る限り、ほとんどのビルは被災した印象を受けない。しかし仙台港方面へハンドルを切ると状況は一変。巨大なスクラップ工場かと錯覚するほど、道路の両側を津波にのみ込まれた自動車が埋め尽くす異様な光景だったーー
 【1208】

TOP画面へ

お勧めの書籍