検査機器ニュース

工業材料や工業製品の品質を試験,検査する方法のうち,近年注目されている非破壊検査を取り巻く産業界の最新動向,内外の新技術や新製品,注目される話題の探訪等,様々な情報を提供する毎月5日および20日発行の新聞。一般社団法人日本非破壊検査協会や同日本非破壊検査工業会の活動も詳細報道。

購読のお申し込み

一覧ページ

2021/11/20

電力中央研究所第16回PD試験委員会を開催

 電力中央研究所・PDセンターは10月25日、電力中央研究所内(東京・千代田区)でオンライン会議を併用するハイブリット方式で「第16回PD試験委員会」(高木敏行委員長・東北大学)を開催した。冒頭で高木委員長は「昨年は新型コロナウイルス感染症の影響により、完全なオンライン方式での試験委員会の開催であったが、秋に入り国内の新規感染者の大きく減少し、オンライン会議を併用したハイブリット方式ながら対面での...

詳細はこちら

2021/11/20

香川高専「香川鋼橋高等専門学校」特別開講

 香川高等専門学校(香川県高松市)、日本非破壊検査工業会らは10月20日、「香川鋼橋高等専門学校」と題した橋梁メンテナンスの特別体験プログラムを開講し、同校の建設環境工学科3年生の40人が受講した。  同プログラムは橋梁業界で働くプロが講師となり、学生が実際の橋梁メンテナンス業務で行われている非破壊検査による亀裂の検出やバキュームブラストによる鉄板表面のサビ取り、トルクレンチによる高力ボルト締めに...

詳細はこちら

2021/11/20

2021JSNDI秋季講演大会開催

 日本非破壊検査協会(JSNDI、阪上隆英会長)は11月10―11日、オンライン(ZOOM)形式で2021年度秋季講演大会を開催した。全国の学識関係者をはじめとして産業界の非破壊検査関係者の約160人がオンラインで参加。同大会は北海道機械工業会と実行委員会が主導となり、道立道民活動センター(札幌市中央区)での開催を予定していたがコロナ禍の影響によりオンライン形式で実施する運びとなった。  初日の講...

詳細はこちら

2021/11/20

探傷器持ち込み講習会、オリンパス、福岡地区で初開催

 日本非破壊検査協会(JSNDI)のJISZ2305の超音波探傷試験は従来、同協会仕様のR・Gタイプの探傷器に限定されていたが、今年の春よりあらかじめ指定された機種の持ち込みが可能となった。非破壊検査機器の販売を手掛けるオリンパスでは持ち込み可能な同社製品「EPOCH650」のレベル2試験対策講習会が11月8日ー10日に福岡市中央区にある同社の福岡支店で開催された。福岡地区での開催は初。...

詳細はこちら

お勧めの書籍