検査機器ニュース

工業材料や工業製品の品質を試験,検査する方法のうち,近年注目されている非破壊検査を取り巻く産業界の最新動向,内外の新技術や新製品,注目される話題の探訪等,様々な情報を提供する毎月5日および20日発行の新聞。一般社団法人日本非破壊検査協会や同日本非破壊検査工業会の活動も詳細報道。

購読のお申し込み

一覧ページ

2020/10/05

JANDTインフラ調査士講習会開く、新たにeラーニング導入

 日本非破壊検査工業会(JANDT)教育部会は10月1日、第13回目となる「インフラ調査士講習会」を都内のエッサム神田本社ビルで開催した。新型コロナ感染症の拡大防止の観点から第12回目の同講習会を中止した経緯がある。今春以降、技術討論会など工業会の各種事業が延期、中止を余儀なくされており、今回の講習会が事業活動として事実上、第一弾の再開となる。講習会には、北は北海道から南は九州まで37人が受講。受...

詳細はこちら

2020/10/05

JSNDI、第28回UTシンポジウム 講演募集

 日本非破壊検査協会(JSNDI)超音波部門は来年1月25・26日にオンライン形式で第28回超音波による非破壊評価シンポジウム開催するが、現在、同シンポジウムの講演を募集している。【申込方法】講演申込については、部門ホームページ(http://www.jsndi.jp/sciences/section/index2-3.html)から申し込む。【問合せ先】〒136―0071 東京都江東区亀戸2―2...

詳細はこちら

2020/10/05

AI活用し自動配筋検査、橋梁工事で適用

 JFEエンジニアリング(東京・千代田区、大下元社長)とACES(東京・文京区、田村浩一郎CEO)はこのほど、橋梁工事向け合成床版の配筋検査における自動化システムを共同開発した。現在、橋梁の施工現場において、配筋検査はメジャーを用いた手計測による検査が一般的で、その検査には多くの時間と人員を要する。この課題を解決するため、両社はドローンによる写真撮影と画像認識AIを活用して配筋検査を自動化する、世...

詳細はこちら

2020/08/18

日本非破壊検査工業会、第49回定時総会を開催、松村理事長再任

 日本非破壊検査工業会は7月20日、東京。千代田区のある東海大学校友会館「富士の間」で「第25期第49回定時総会」を感染対策を徹底したうえで、開催した。  総会に先立って松村康人理事長は、「コロナ禍も収束しないなかで、リーマンショックも超える戦後最大の景気後退も懸念される。当協会として非破壊検査業界に対してできることはしっかりとやっていきたい。コロナ禍では対面の活動を自粛せざる得ないこともあり、オ...

詳細はこちら

お勧めの書籍