検査機器ニュース

工業材料や工業製品の品質を試験,検査する方法のうち,近年注目されている非破壊検査を取り巻く産業界の最新動向,内外の新技術や新製品,注目される話題の探訪等,様々な情報を提供する毎月5日および20日発行の新聞。一般社団法人日本非破壊検査協会や同日本非破壊検査工業会の活動も詳細報道。

購読のお申し込み

一覧ページ

2020/04/05

経産省、プラント目視検査にドローン

経済産業省は3月27日、消防庁、厚生労働省と連携し、2019年に策定した石油精製、石油化学などのプラント屋外でドローンを安全に運用するための「ガイドライン」と、国内外企業の先行事例を盛り込んだ「活用事例集」の改訂に加えて、「目視検査の代替可能性に関する考察」を取りまとめたと発表した。【第1420号】...

詳細はこちら

2020/04/05

JSNDI、探傷器持ち込み条件など公表

日本非破壊検査協会(JSNDI)は4月1日、JISZ2305非破壊試験技術者資格試験について、UT実技試験の超音波探傷器持ち込み条件などを明らかにした。アナログ探傷器による持ち込み受験(再認証試験のみ)は2020年5月以降。デジタル探傷器は21年2月以降の実技試験から持ち込みが可能に。【第1420号】...

詳細はこちら

2020/04/05

NDT工業会まとめ、経営実態報告書

日本非破壊検査工業会(NDT工業会)は「非破壊検査業界の経営実態に関する調査集計報告書」をまとめた。それによると、工業会加盟の2018年度検査会社144社の総売上高は前年比4・3%増の1450億円となった。高度経済成長期に建設された各種構造物の高経年化とともに、非破壊検査による検査需要が増加したことが売上増につながった。【第1420号】...

詳細はこちら

2020/04/05

日溶協CIW・2020年度前期、総事業者数は増減なしの117社

日本溶接協会・溶接検査認定(CIW)委員会は2020年度前期の認定審査を行い、総事業者数は2019年度後期から増減なしの117社となった。2020年4月1日現在の認定事業者数は次のとおり。A種:16社、B種:9社、C種:31社、D種:61社、合計:117社。【第1420号】...

詳細はこちら

お勧めの書籍