第1418号

20/03/05

●《トップニュース》
JSNDI、ISO委員会を開催

日本非破壊検査協会(JSNDI)は2月26日、協会会議室で「2019年度第2回ISO委員会(大岡紀一委員長・ISO/TC135国際議長)」を開催した。席上、ISO/TC135規格状況のほか、SC2からSC9までの各委員会から2019年度の主なISO規格に関連した活動状況を報告。
JSNDI、新型コロナ対応を公表
日本非破壊検査協会(JSNDI)は3月4日、新型コロナウイルス(COVID―19)への対応(第1報)を公表。学術活動については、感染拡大防止の観点から、3月中に開催される学術部門講演会・シンポジウム・委員会は延期または中止とする。資格試験・講習会はできる限りの対策をしたうえで、現時点では予定通り実施する方向で準備を行う。
JSNDI関西、UT実力確認講座を開催
非破壊検査手法の中でも、特に検査員の技量が問われる超音波探傷試験(UT)。このUTの実力確認講座を、日本非破壊検査協会(JSNDI)関西支部(横野泰和支部長)は毎年行っている。第11回UT実力確認講座「UTまかせとき大会」が2月23日、大阪市中央区の電子科学研究所で開催され、5人が参加。
JSNDI関西、ダイキン工業を見学
日本非破壊検査協会(JSNDI)関西支部(横野泰和支部長)は3月4日、2019年度第2回見学会を開催し17人が参加。大阪府摂津市のダイキン工業テクノロジー・イノベーションセンター(TIC)を訪ね、同社の先進的な取り組みを視察した。TICは、同社が掲げる「協創イノベーション」実現の場として5年前に開設。

TOP画面へ

お勧めの書籍