検査機器ニュース

2020年の記事一覧

2020/08/18

第1425号

●《トップニュース》
日本非破壊検査工業会、第49回定時総会を開催、松村理事長再任

日本非破壊検査工業会は7月20日、東京。千代田区のある東海大学校友会館「富士の間」で「第25期第49回定時総会」を感染対策を徹底したうえで、開催した。
JANDT、標準積算資料を刊行
非破壊検査業界の現状とこれからの発展への期待、日本非破壊検査工業会(専務理事・塙晴行)
日本溶接協会、氷河期世代向け短期資格習得コース創設

詳細はこちら

2020/04/05

第1420号

●《トップニュース》
経産省、プラント目視検査にドローン

経済産業省は3月27日、消防庁、厚生労働省と連携し、2019年に策定した石油精製、石油化学などのプラント屋外でドローンを安全に運用するための「ガイドライン」と、国内外企業の先行事例を盛り込んだ「活用事例集」の改訂に加えて、「目視検査の代替可能性に関する考察」を取りまとめたと発表した。
JSNDI、探傷器持ち込み条件など公表
NDT工業会まとめ、経営実態報告書
日溶協CIW・2020年度前期、総事業者数は増減なしの117社

詳細はこちら

2020/03/20

第1419号

●《トップニュース》
建築研究所など、高層ビル壁面でドローン実証

建築研究所は3月17日、日本ツーバイフォー協会、西武建設と共同で、JR中野駅前の複合施設ビル「中野サンプラザ」(高さ約100メートル)を対象としたドローン実証試験を公開した。壁面塗装の剥がれの有無などを画面上で点検するもので都心部の高層ビルでの公開実験は初めて。同研究所材料研究グループは「建築中の構造物検査に対しても十分応用できる」とコメント。
日構専卒業式、14人が巣立つ
大成建設、建設用AMでPC構造体
大日本コンサルなど、ドローン橋梁点検講習会開く

詳細はこちら

2020/03/05

第1418号

●《トップニュース》
JSNDI、ISO委員会を開催

日本非破壊検査協会(JSNDI)は2月26日、協会会議室で「2019年度第2回ISO委員会(大岡紀一委員長・ISO/TC135国際議長)」を開催した。席上、ISO/TC135規格状況のほか、SC2からSC9までの各委員会から2019年度の主なISO規格に関連した活動状況を報告。
JSNDI、新型コロナ対応を公表
JSNDI関西、UT実力確認講座を開催
JSNDI関西、ダイキン工業を見学

詳細はこちら

2020/02/20

第1417号

●《トップニュース》
石油精製プラントでドローン実証試験

1月末、千葉県内にある出光興産の保有する高さ20メートル、直径35メートル、容量2万キロリットルの鋼製ドーム型ルーフタンク内でドローンを飛行させ安全性や目視などの法定検査を代替する可能性をみる実証実験が行われた。現場には出光興産千葉事業所や経済産業省高圧ガス保安室、タンク内でドローン飛行を行うブルーイノベーションの関係者が参集。
東京エネシス、NDT技術展示会を開催
JANDT機材支部、NDT塾を初開催
島津製作所、超音波光探傷装置を発売

詳細はこちら

2020/02/05

第1416号

●《トップニュース》
兵庫で次世代セミナー、教員・生徒45人が参加

「明日を担う次世代のための非破壊検査セミナー」が12月16日、兵庫県姫路市の姫路工業高校で行われた。第20回となる今回、同校溶接科の生徒38人と県内3校の教員7人の、合わせて45人が参加。同校の高木浩校長は「非破壊検査について理解すると日頃の溶接にも生かせると思う。きょうはしっかり学んでほしい」と挨拶。
JANDT、新春賀詞交歓会開く
関西地区非破壊検査業界、新春賀詞交歓会開く
近畿非破壊検査連合会、新年祝賀会開く

詳細はこちら

お勧めの書籍