第1415号

19/12/05

●《トップニュース》
JSNDI、認証事業50周年式典開く

日本非破壊検査協会(JSNDI、阪上隆英会長)は12月13日、都内で認証事業50周年記念式典を開催した。式典の冒頭、阪上会長は、認証事業が50周年を迎えたことに対し、関係者の協力・支援に謝辞を述べたうえで「海外の非破壊検査関係者に接し、あらためてISO9712に基づくJISZ2305認証事業が国際的に認知され、また期待されていることを痛感している」と挨拶。
CIW検査業協会が忘年懇親会
CIW検査業協会(逸見俊一会長)は12月5日、都内で2019年度忘年懇親会を開催。会員、関係団体など約60人が参集した。梶岡昌三副会長は1年間を振り返り「今年は工業高校生を対象とした次世代セミナーを継続して取り組むとともに、日本非破壊検査協会のJISZ2305における再認証試験のアンケート調査を実施、対外的な活動を展開してきた」と挨拶。
CIW検査業協会、若手集め懇談会を開催
 CIW検査業協会(逸見俊一会長)は12月14日、都内で「若手意見懇談会」を開催。同協会の企画広報理事会担当で今回の懇談会主催者の高田友一理事は「会員の若手が横のつながりを持つ有意義な機会となることを念頭に企画した。若手同士のつながりを深める機運を協会の各ブロック・地区へと広げていきたい」と話した。
本紙記者の溶接体験記、日本溶接構造専門学校で
溶接を取材しているにもかかわらず溶接をしたことがない。手先は不器用でビード以前にペンで直線を引くこともままならない――。本紙記者は溶接のメッカ、日本溶接技術センター内にある日本溶接構造専門学校で丸一日かけ座学、実際に被覆アーク溶接と炭酸ガスアーク溶接を体験。

TOP画面へ

お勧めの書籍