第1379号

18/06/05

●《トップニュース》
JANDT定時総会、松村理事長を再任

日本非破壊検査工業会(JANDT)は5月21日、東京・千代田区の東海大学校友会館で、2018年度(第24期第47回)定時総会を開催。全国から会員約60人が出席した。総会では、すべての議案を満場一致で承認。総会終了後に開催された臨時理事会では、松村康人理事長(代表理事)の再任が決定した。
ロボット性能評価手順書を公表=NEDO・経産省
新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)と経済産業省は5月30日、インフラ点検や災害対応向けロボットの性能について、実現場への導入前に把握するための性能評価手法を「ロボット性能評価手順書」として取りまとめ、公表した。橋梁点検用の無人航空機(ドローン)などを対象に、性能評価のための試験方法などを盛り込む。
人とくるまのテクノロジー展、横浜で開催
自動車技術会主催による「人とくるまのテクノロジー展2018横浜」が5月23―25日、パシフィコ横浜・展示ホールで開催された。NDT関連会社では、IHI検査計測、オリンパス、ジャパンプローブが出展。自動車分野で活躍する検査技術・製品を紹介した。
松島勤氏が会長就任=JIMA・18年度定時総会
日本検査機器工業会(JIMA)は5月25日、都内のホテルグランドパレスで第18期2018年度定時総会を開催。総会では、任期満了に伴い、18年度の会長に松島勤氏が選出された。JIMAは今年度、第9回JIMA2018に向けた運営委員会、開催準備、第12回欧州非破壊試験会議の視察などを行う。

TOP画面へ

お勧めの書籍