第1338号

16/09/20

●《トップニュース》
NDT評価法確立など解説=CAESAR講演会

土木研究所の総合研究機関である構造物メンテナンス研究センター(CAESAR)は8月31日、東京・千代田区の一橋講堂で第9回講演会を開催。同研究所とともにインフラ維持管理を推進する国土技術政策総合研究所の木村嘉富道路構造物研究部長は、NDT適用性評価法の確立など、最新の取り組みについて解説した。
JSNDI、限定資格への書き替えを追加実施
日本非破壊検査協会(JSNDI)認証事業本部は9月1日、通常資格(MT2、PT2)から限定資格(MY2、PD2)への書き替えについて追加実施を行うと発表した。資格証明書の有効期限ごとの具体的な書き替え日程については、10月1日以降、同協会ウェブサイトに随時掲載される予定。
〈新社長インタビュー〉神鋼検査サービス・笠島基嗣氏
神戸製鋼所の多様なものづくりの中で培われた経験から、特殊な検査業務や自動化・IoTなどの技術対応など、幅広く総合的な顧客ニーズに対応する神鋼検査サービス。設立30周年を迎えた今年6月、同社社長に笠島基嗣氏が就任した。笠島氏に、就任時の感想や、直近の景況などについてきいた。
JANDT、第2回開発委員会開く
日本非破壊検査工業会(JANDT)は9月9日、東京都千代田区の本部会議室で2016年度第2回開発委員会を開催した。委員会では、JANDTが展開する新技術に関する活動報告のほか、発電設備技術検査協会・溶接・非破壊検査技術(NDE)センターの古川敬所長を招いた特別講演が行われた。

TOP画面へ

お勧めの書籍