第1333号

16/07/05

●《トップニュース》
KNDT、新会長に小島隆氏が就任

神奈川県非破壊試験技術交流会(KNDT)は6月13日、横浜市中区のKGU関東学院メディアセンターで2016年度(第21回)総会・技術発表会を開催した。役員改選では、荒川敬弘会長(IHI検査計測)が退任、新会長に小島隆氏(神奈川県産業技術センター)が就任した。
CIW検査業協会、鉄骨溶接部研修会を開催
CIW検査業協会は6月26日、東京・台東区の台頭区民会館で「建築物の工事における試験及び検査に関する研修会(鉄骨溶接部)」を開催した。約60人が参加した同研修会では、7月1日付で改正されたWES8701:2016(溶接構造物非破壊検査事業者等の認定基準)のポイントなどを解説。また、外観検査の実技指導も行った。
インフラ調査士テーマに講演=HIK16年度通常総会
東関東非破壊検査研究会(HIK)は6月25日、茨城県水戸市内のホテルレイクビュー水戸で2016年度総会・講演会を開催した。総会ではすべての議事を承認。終了後には、日本非破壊検査工業会・資格試験センター長の前川真一氏を招き「道路維持管理における点検とインフラ調査士制度」の講演が行われた。
日本材料学会・非破壊検査小委、リガクのラボ見学
日本材料学会は6月28日、第5回非破壊検査小委員会を大阪府高槻市のリガク大阪支社で開催した。当日はNDT関係者約40人が参加。3件の講演と最新機器によるデモ測定のほか、リガク大阪工場のラボ見学を実施した。

TOP画面へ

お勧めの書籍