第1332号

16/06/20

●《トップニュース》
JSNDI、新会長に川崎重工・緒方氏が就任

日本非破壊検査協会(JSNDI)は6月7日、都内のJSNDI亀戸センターで、2016年度(第73回)定時社員総会を開催した。総会では、年会費の改正を含むすべての議案を承認。また、総会終了後の理事会では、前会長の廣瀬壮一氏(東京工業大学)にかわり、緒方隆昌氏(川崎重工業)を新会長に選出した。
航空宇宙テーマに招待講演=非破壊検査総合シンポ
日本非破壊検査協会(JSNDI)は6月6・7日の両日、東京・江東区の同協会亀戸センターで、2016年度非破壊検査総合シンポジウムを開催した。シンポジウムでは、1日目に「航空宇宙業界」がテーマのブロックを設け、同分野のNDTについて幅広い角度から焦点を当てた5件の招待講演を実施。そのほか、豊富なプログラムを実施した。
JANDT東西支部で定期大会を開催
日本非破壊検査工業会(JANDT)西日本支部は6月2日、北九州市小倉北区内で2016年度定期大会を開催。同大会では、新日本非破壊検査の佐藤秀俊氏が新支部長に就任することが発表された。また同東日本支部も6月9日、富山県氷見市内で16年度定期大会を開催。15年度事業などの各報告、表彰を実施した。
早大・鵜飼教授が特別講演=JANDT機材支部定期大会
日本非破壊検査工業会(JANDT)機材支部は6月1日、東京・大田区の産業プラザPiOで、2016年度機材支部定期大会を開催した。同大会では、15年度事業・16年度事業計画の報告、16年度表彰を行ったほか、早稲田大学の鵜飼信一教授による特別講演「技能と技術で生きる中小企業」を実施した。

TOP画面へ

お勧めの書籍