第1331号

16/06/05

●《トップニュース》
JANDT、16年度総会を開催

日本非破壊検査工業会(JANDT)は5月23日、東京・千代田区の東海大学校友会館で、2016年度定時総会を開催。全国から会員約60人が出席した。総会ではすべての議案を承認したほか、総会後の臨時理事会では、松村康人理事長の再任および、第23期(2016・17年度)理事・監事を正式に決定した。
KANDT、RT検査現場など視察
韓国非破壊検査協会(KANDT)のベクミノ事務局長をはじめとした放射線安全管理関係者6人が来日。6月1日には茨城県内にある東京ガスの古河・真岡幹線建設事務所を訪問し、放射線透過検査(RT)の現場視察などを行ったほか、同2日には、川崎市内の日本工業検査浅野事業所を訪れ、国内の法規制などに関するレクチャーを受けた。
新会長に竹内氏が就任=JIMA16年度定時総会
日本検査機器工業会(JIMA)は5月20日、都内の島津製作所東京支社イベントホールで第16期(2016年度)定時総会を開催した。総会では、中本晃会長の退任とともに、日立パワーソリューションズの竹内力氏が新会長に就いた。
車の進化に応えるNDT製品=自動車技術展
自動車技術会は5月25―27日、横浜市西区のパシフィコ横浜で「自動車技術展(人とくるまのテクノロジー展)2016」を開催。3日間で約8万7000人が来場した。会場では、軽量化のため車体などへの採用が進むCFRPを対象とする製品など、最新のNDT関連装置・技術が多数出展された。

TOP画面へ

お勧めの書籍