第1323号

16/02/05

●《トップニュース》
CIW検査業協会、次世代対象の研修会開く

CIW検査業協会は1月31日、東京・千代田区のちよだパークサイドプラザで、会員、業界関係者約60人を集め次世代スタッフのための研修会を開催。当日は落橋防止装置の溶接不良問題などで重要性の高まる「倫理教育」に加え、「派遣法の改定」、昨年の新規秋期試験から改正された「JSNDI試験制度」の3テーマについて解説を実施した。
インフラ調査士実務2次試験、大阪で実施=JANDT
日本非破壊検査工業会(JANDT)は1月29日、大阪市中央区のエルおおさかで社会資本の点検を対象とした第3回「インフラ調査士実務2次試験」を実施。昨年の12月1日に実施された学科1次試験に1資格以上合格した82人(4資格13人、3資格20人、2資格15人、1資格34人)が試験に臨んだ。
アルコニックス、マークテックを買収
非鉄金属製品などを取り扱う東証一部商社のアルコニックスは1月26日、マークテックの全株式を取得。その取得に際しては同社100%出資の中間持株会社を設立し、持株会社が株式取得を行い子会社化すると発表した。
基板・部品検査の新製品集結=ネプコンジャパン
1月13―15日の3日間、東京・江東区の東京ビッグサイトで「ネプコンジャパン2016」が開催され、約3万人が来場した。会場では、基板や電子部品の外観検査に用いる技術・製品のほか、内部検査などに用いる最新のNDT装置が多数出展。主な出展社の見どころを紹介する。

TOP画面へ

お勧めの書籍