第1295号

14/12/05

●《トップニュース》
インフラ調査資格制度、2月に講習会など実施

日本非破壊検査工業会は、日本非破壊検査協会と連携し、道路など社会資本の点検を対象とした「インフラ調査士」の資格認証制度を今年度内に創設する。両団体は11月28日、東京・千代田区の東海大学校友会館で記者会見を開催。インフラ調査士の講習会、資格試験に関した具体的内容を公表した。
韓国調査団、日本の教育状況を視察
ISO認証取得の準備を進めている韓国非破壊検査協会、韓国非破壊検査学会の一行4人が11月12日、先行する日本の現状視察に訪れた。日本側は日本非破壊検査工業会の岡賢治副理事長、藤本秀博国際活動委員長、富田祐樹関西支部長と、日本非破壊検査協会教育担当の中村和夫理事が対応した。
ものづくりNEXT見聞録
11月12・13・14日の3日間、東京ビッグサイトでは「第38回メンテナンス・テクノショー」などの3展示会で構成する「ものづくりNEXT2014」を開催した。会場ではさらに、「第6回インフラ検査・維持管理展」などを同時開催、多数の来場者が詰めかけた。本特集では「メンテナンス・テクノショー」「インフラ検査・維持管理展」を中心に、主な見どころを紹介する。
CIW検査業協会、東京ガス根岸工場見学会を開催
CIW検査業協会(逸見俊一会長)は11月14日、東京ガス根岸工場(横浜市磯子区)の見学会を開催した。見学会では、東京ガス担当者が液化天然ガス(LNG)の基礎知識や施設の概要を説明したほか、LNGを用いた冷熱実験、展示模型による設備の解説も行った。また、工場内をバスで回る見学ツアーも実施した。

TOP画面へ

お勧めの書籍