第1293号

14/11/05

●《トップニュース》
第9回PD試験委員会を開催=電中研

電力中央研究所・材料科学研究所PDセンター(太田丈児センター長)は10月21日、東京・千代田区の大手町本部会議室で「第9回PD試験委員会」を開催した。委員会ではPD資格試験事業報告、今後のPD認証制度についての報告などを行い、実施機関である電中研関係者で構成される委員の間で活発な意見交換が行われた。
JSNDI、秋季講演大会開く
日本非破壊検査協会(JSNDI、廣瀬壮一会長・東京工業大学)は10月28・29日の両日、名古屋市熱田区の名古屋国際会議場で2014年度秋季講演大会を開催。北は北海道、南は九州まで学識関係者をはじめとする産業界の非破壊検査関係者が多数参加した。
海外インフラ受注へ新機構発足
海外のインフラプロジェクトの受注を目指す日本企業を政府が資金、人材面から支援する「海外交通・都市開発事業支援機構」が10月20日、発足した。発起人は海外建設協会、海外鉄道技術協力協会、日本橋梁建設協会など15団体。海外プロジェクトを手掛ける現地事業体に対して出資や資金の貸し付け、専門家の派遣などを行う。
日溶協規格委員会、JIS原案作成始動
日本溶接協会規格委員会は10月16日、東京・千代田区の溶接会館で第34期3回委員会を開催。JISについては、9月30日、経済産業省のヒアリングで承認を受け、原案作成委員会が始動することになった新規の「溶接継手の放射線透過試験方法デジタル検出器によるX線及びガンマ線撮影技術」について確認した。

TOP画面へ

お勧めの書籍