第1285号

14/07/05

●《トップニュース》
エネ基本計画実現へ、原子力小委員会初会合=経産省

経済産業省は6月19日、第4次エネルギー基本計画に示した原子力に関する方針の具体化を図る総合資源エネルギー調査会原子力小委員会の初会合を開いた。今後は同計画に基づき、原発を重要なベースロード電源に利用する際の課題などを議論する。成果は今年度内に取りまとめ、将来の電源構成の比率を検討する際にも、同小委の意見を反映する。
東関東NDT研総会、新副会長に大谷・豊田氏
東関東非破壊検査研究会(塙晴行会長)は6月21日、水戸市内のホテルレイクビュー水戸で2014年度総会・講演会・懇親会を開催した。総会では、14年度の事業計画・予算案などのほか、役員補選の議案を承認。新任役員として副会長に大谷清和氏(非破壊検査)、豊田淳氏(シーエックスアール)の両氏が就任した。
JANDT機材支部定期大会、特別講演に「深海探査」
日本非破壊検査工業会(JANDT)機材支部は6月18日、東京・目黒区の東京大学先端科学技術研究センターで2014年度機材支部定期大会を開催した。大会では13年度事業・収支決算、14年度事業・収支予算計画などを報告した。また、産学連携の深海探査機開発に携わった浜野製作所の浜野慶一氏を講師に招き、特別講演を行った。
コスモ石油・東燃ゼネラル、千葉製油所統合へ
コスモ石油と東燃ゼネラル石油は6月18日、千葉県の京葉臨海工業地域で操業する双方の製油所の共同事業検討に関する覚書を締結した。2016年度までに両製油所を結ぶパイプラインの敷設など一体運営に必要な設備を整備する。両社は、両製油所を統合することにより、「国際競争力を持ったトップクラスの製油所を目指す」との認識で一致した。

TOP画面へ

お勧めの書籍