第1282号

14/05/20

●《トップニュース》
ジャパンプローブがフレキシブルアレイプローブ「曲探」開発

ジャパンプローブ(小倉幸夫社長)は、様々な被検体に自在にフィットする広帯域・高感度超音波フレキシブルアレイプローブ「曲探」を開発、販売を開始した。平面、曲面、凹凸など様々な形状の被検体への検査が可能。適用範囲が一段と拡がるなど、ユーザーのニーズに応えた画期的な製品の登場といえる。
CIW検査業協会が通常総会、認定制度普及へ「結束」
CIW検査業協会(逸見俊一会長)は5月13日、東京・港区の浜松町東京会館で2014年度第3期第5回通常総会を開催した。審議では13年度事業・決算・監査、第3期役員、14年度事業計画・予算の全議案を承認。再任が決まった逸見会長は日本溶接協会CIW認定制度の一層の普及に向け、出席者に結束を呼びかけた。
JIMA定時総会、新会長に中本晃氏(島津製作所)が就任
日本検査機器工業会(JIMA)は5月15日、都内の北とぴあ第1研修室で第14期(2014年)定時全体総会を開催。新会長に島津製作所社長の中本晃氏が就任した。議案審議では、13年度の活動・会計報告などが行われた。本部委員会関連では昨年10月に開催した「ものづくりNEXT非破壊評価総合展」への協賛とJIMAコーナーへの参加を企画した。
JIWS非破壊検査フォーラム、NDTの最前線を講演
4月25日、2014国際ウエルディングショーで開催された非破壊検査フォーラム(FNDI)のテーマは、「適用広がる非破壊検査技術の最前線、ものづくりを支えるNDT技術」。会場となった東京ビッグサイトには、自動車メーカーをはじめとする広範な関係者70人が、専門家の講演を聴講するため詰めかけた。

TOP画面へ

お勧めの書籍