鉄筋継手協、改訂講習会/東京は満席/11月まで全国で開催

09/10/20

日本鉄筋継手協会(睦好宏史会長、埼玉大学)は東京千代田区の星陵会館で10月15日、鉄筋継手の品質を確保するために見直された「工事標準仕様書」の内容を説明する「改訂講習会」を、満席の中で開催。発注者・ゼネコンで品質管理に対する関心が高く、参加の申し込みが定員の400人を超えたため、同協会は急きょ11月16日に都内での追加開催を決定したほど。同協会では「11月まで全国各地でも講習会を開くので、ぜひ参加を」と呼びかけている。【第1172号】

TOP画面へ

お勧めの書籍